それぞれの生き方を支える

看護師として働いている女性は、病院などの職場で深く考えさせられるような事柄に直面する事が多いです。その一つの具体例としては、患者の方々の人生や生活の質をいかに維持しているかという点です。病院では患者を治療するために様々なサービスが提供されています。しかしながら、患者の快適な暮らしという側面では、質の問題が少なからずあります。医療の最前線で看護師として働いていると、患者からの不平や不満を耳にする例も多いでしょう。病院での暮らしが窮屈であると、患者にとって病院が居心地の悪い場所になってしまいます。そこで、患者の人々に快適な治療環境を提供できるよう、女性の看護師ならではの視点から心配りができるはずです。医療の分野では、クオリティ・オブ・ライフと言われる概念が注目されるようになりました。治療を受けると共に、人間らしい生活ができるよう、看護師の立場からのサポートが必要とされています。そのためには、患者の身になって考えることが求められます。患者の言葉に耳を傾けて、どのような事が求められているのかを捉えることにより、病院における患者に対するクオリティ・オブ・ライフの質向上へと貢献することができます。また、医療従事者として他の同僚たちとの連携を取りながら、クオリティ・オブ・ライフを優先する医療サービスに取り組む必要があります。看護師としてのこうした取り組みが、患者の人たちの快適な生活を支えます。
—関連サイト—
「クオリティ・オブ・ライフ」を求めて【http://4qualityoflife.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP